日曜礼拝

日曜日 10:30〜12:30

歌をもって 私は神の御名をほめたたえ 感謝をもって 私は神をあがめます。

(詩篇69篇30節)

日曜礼拝一般公開スケジュール

日曜礼拝は一般公開礼拝と非公開礼拝に分かれて行っております。
一般公開においては下記日程にて行う予定です。スケジュールをご確認の上、ご参加ください。

2024年スケジュール
・6月
2日(日) 4F 飛鳥
16日(日) 7F 白根
30日(日) 7F 琴平
・7月
14日(日) 4F 飛鳥
28日(日) 7F 琴平

※現在、日曜朝の礼拝はレンタルルームで行っています。
会場は、アルカディア市ヶ谷 私学会館 になります。
フロアと部屋は毎回変わりますので上記スケジュールをご確認ください。

賛美

KSでの日曜礼拝は、はじめに30〜40分程度、賛美の時間があります。バンドチームによる現代風の音楽で、人々はコンサートのように立ち上がったり、手を上げて喜びを表現したり、ゆったりと静まったり…伝統的な教会のイメージと違うので最初は戸惑うかもしれませんが、けれども、じつはこれは聖書が教えていることです。

・歌をもって 私は神の御名をほめたたえ 感謝をもって 私は神をあがめます。(詩篇69篇30節)
・すべての国々の民よ 手をたたけ。 喜びの声をもって 神に大声で叫べ。(詩篇47篇1節)
・聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ。(詩編134篇2節)

この他にも、聖書には賛美についてたくさん書いてあります。音楽は、もともと神様をほめたたえるためにありました。私たちが感謝と喜びを神様に向けて歌うことは、神様への礼拝です。

聖書に登場するアブラハムやモーセやダビデが現代に生きていたら、彼らもきっと、こんな礼拝を捧げていたでしょう。

参加される方は、一緒に歌って下さっても、座ったまま、ゆったりとその場の雰囲気に浸ってくださっても結構です。

礼拝メッセージについて

メッセージ

礼拝では毎回、賛美に続いて、30〜40分程度、牧師が聖書の内容をもとに、人生に必要なメッセージを語ります。

最初は、分かりにくいところもあるかもしれませんが、神様が今のあなたに必要な部分を悟らせ、その日に必要な恵みを受け取らせてくれます。何回か引き続き参加していくと、だんだんと神様の愛と恵みを深く知り、さらに人生の祝福を受け取れるようになっていきます。

また、日曜礼拝とは別に、人生の確かな土台を築くための聖書の入門コースも用意してありますので、ご希望の方はご相談ください。

礼拝メッセージについて

© 2024 キングダムシーカーズ